« 『歌って、ヴァイオリンの詩2』 千住真理子 | トップページ | 『高峯秀子 暮しの流儀』 »

2016年2月20日 (土)

自家製のピザ

  脳科学者によりますと、脳は何歳になっても、その人が新しいことに挑戦することを喜んで生き生きと働き、成長するのだそうです。

 うーむ、そういうものなのか、と思いながら、なかなか取り組むべき新しいことを見出すのは難しいな、と正直、考えていました。そうしたところへ、「ご飯ですよ-」の声。
 即座に反応する私  ←ほかのことにもこれくらい身軽に行動を起こせるといいのですけれど。
 テーブルには ピザ、それも 石窯焼き風の雰囲気が・・・
Piza
                      PHOTO by Maria 
 電子レンジに、こうした調理用のプレートが付いてきていたのを初めて活用してみたのだそうです。
 うーむ、なるほど・・・ 脳と同じように、家電製品にも使わないまま温存されている機能があるのですね。それを活用しようとすると新しいことに挑戦することになり、脳の活性化にもつながる、そういう道筋が見えてきたことになりましょうか。
 このレンジには、フルーツを材料として酢をつくる機能もあるので、家内が試してみたら1~2分でキウイの酢ができました。 
 もちろん、食べることについては好みもあり、材料の準備も必要ですから、電子レンジの出来ることすべてに取り組む必要はありませんが、私も、新しいことに挑戦しようという気持ちがわいてきました。
 たとえば、今まで弾いたことのない曲に取り組むということも未開の地を開拓することになる ・・・ よーし、やってみます。
 今日も、フロンティア精神で、よい日となりますように。
 明日は、日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« 『歌って、ヴァイオリンの詩2』 千住真理子 | トップページ | 『高峯秀子 暮しの流儀』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自家製のピザ:

« 『歌って、ヴァイオリンの詩2』 千住真理子 | トップページ | 『高峯秀子 暮しの流儀』 »