« 節 分 | トップページ | 今どきの豆まき ? »

2016年2月 4日 (木)

♪「早春賦」 「夏の思い出」「ちいさい秋みつけた」「雪の降るまちを」

 ♪「早春賦」 「夏の思い出」「ちいさい秋みつけた」「雪の降るまちを」・・・この四つの歌は、それぞれ日本の春夏秋冬を歌った歌の代表格のような存在ですね。
 立春間近ですので、「早春賦」は旬の歌として、出番を迎えています。
 ところで、この四つの歌は、
 「早春賦」             中田  章さん 作曲
 「夏の思い出」          中田喜直さん 作曲
 「ちいさい秋みつけた」     中田喜直さん 作曲
 「雪の降るまちを」        中田喜直さん 作曲
 つまり、中田さん親子で、四季をカバーしているのですね。これは、すばらしいことだなぁと思います。
 もちろん、上記以外にも、それぞれの季節の名曲はありますけれども。
 
 メロディも、歌詞もすばらしいですので、早春賦の歌詞を掲載させていただきます。
インターネットの「なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡」
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/00_songs.html
を活用させていただきました。ありがとうございます。

「早春賦(そうしゅんふ)

吉丸一昌作詞・中田章作曲


絵はkiyosi kobayasiさんの作


春は名のみの風の寒さや。
谷の鶯 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず。
時にあらずと 声も立てず。

氷解
(と)け去り葦(あし)は (つの)ぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日もきのうも 雪の空。
今日もきのうも 雪の空。

春と聞かねば知らでありしを。
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か。
いかにせよとの この頃か。

 立春 ・・・ 今日も、よい日となりますように。

|

« 節 分 | トップページ | 今どきの豆まき ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ♪「早春賦」 「夏の思い出」「ちいさい秋みつけた」「雪の降るまちを」:

« 節 分 | トップページ | 今どきの豆まき ? »