« 消化器内視鏡(胃カメラなど)の歴史 | トップページ | 『皇后美智子さまのうた』  安野光雅 »

2016年2月27日 (土)

白鳥の旅立ち

 岩手県の盛岡に白鳥が飛来する高松の池があります。盛岡は零下七度ほどだそうですが、白鳥が北に帰り始めて連日飛び立っているそうです。 帰る・・・若い鳥にとっては、初めての旅になるのですね。きっとそういうことも含めて飛び立つ時期を白鳥の群れは判断し、決断して旅路につくのでしょう。  ← ※ 昨日、こう書きましたら、野鳥の会の会員である私の兄が、白鳥は日本にいる間に孵化するのではなく、日本に来る前に生まれて、ある程度力をつけた若鳥となって日本に初飛行をしてくるのだと教えてくれました。お詫びして訂正させていただきます。

 とにかく、白鳥たちが(老いも若きも、壮年も (^J^)、どうか、無事に目的地につけますように。  ♪「北帰行」という歌を思い出しました。

「北帰行」 宇田博作詞・作曲
窓は 夜露にぬれて
みやこすでに 遠のく
北へ帰る 旅人ひとり
なみだ流れて やまず
夢は むなしく消えて
今日も 闇をさすらう
遠き想い 
はかなき希望(のぞみ)
恩愛(おんあい) 我を去りぬ
いまは 黙(もく)して行かん
なにを また語るべき
さらば祖国 いとしき人よ
あすは いずこの町か あすは いずこの町か  
 
 今日も、よい日となりますように。  
明日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。聖書、キリスト教会が人生の確かな港となりますように。 写真は、インターネット上の無料画像から掲載させていただきました。ありがとうございます。 力強い飛行の姿に励まされます。
Photo

|

« 消化器内視鏡(胃カメラなど)の歴史 | トップページ | 『皇后美智子さまのうた』  安野光雅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥の旅立ち:

« 消化器内視鏡(胃カメラなど)の歴史 | トップページ | 『皇后美智子さまのうた』  安野光雅 »