« 『心の深みへ』 「うつ社会」脱出のために  河合隼雄 柳田邦男 | トップページ | 見えないところを治してくださる歯医者さん »

2016年3月 1日 (火)

お弁当

  寒い日はありますが、春は着実に近づいてきていますね。どうぞ、今日から始まる三月が、よい日の連なりとなりますように。

 先日、テレビで、海外で働く日本人が、すてきなランチを持参するというので、会社仲間の羨望の的となっている場面が見られました。
 お腹を満たすという実用本位のランチではなく、時にはアニメのキャラクターの姿までデザインされたお弁当に視線が集まるというのです。
 これは、素晴らしい日本文化ですね。とは申しましても、私にはいきなり素晴らしいお弁当は作れません。  すると、家内が向田邦子さんと向田和子さんの書いた『向田邦子 暮らしの愉しみ』 新潮社・2003年6月25日 発行を持ってきてくれました。その26ページに 日本に戻ったら まずこれ 海苔弁 とありました。半月ほど、北アフリカに出かけた向田さんが帰国してまず食べたくて作ったのが海苔弁だったそうです。
 
 私は、海外から戻った訳ではありませんが、手軽に出来そうということで、チャレンジしてみました。
0003
 ご飯を敷き、醤油をまぶした削りかつおを載せ、海苔を載せる ・・・ 向田さんは、これを3回繰り返して三段にしておられましたが、初心者の私は、とりあえず二段で ・・・ けっこう 美味しかったです。 初心者ですが、どうぞ、よろしく (^J^)
 今日も、よい日となりますように。
0002

|

« 『心の深みへ』 「うつ社会」脱出のために  河合隼雄 柳田邦男 | トップページ | 見えないところを治してくださる歯医者さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お弁当:

« 『心の深みへ』 「うつ社会」脱出のために  河合隼雄 柳田邦男 | トップページ | 見えないところを治してくださる歯医者さん »