« ひと味 、ふた味違う 「癒し」のとらえ方 | トップページ | 映画 「バベットの晩餐会」 »

2016年3月 8日 (火)

美濃市の雛飾り

 美濃市に、雛飾りが展示してあるとのことで、ちょっと行ってまいりました。 3月3日は桃の節句・・・ところによっては、まだ桃の花は咲かないので、4月3日を桃の節句にしているところは結構あるのですね。 同じように、七夕も月遅れにしているところがあると思います。家内は、「旧暦で祝うと表現したら」と申しております。うーむ、そのほうが、みやびやかなイメーじになりましょうか。
 
  うだつのある町並みを歩いていますと、らんたん屋さんにも雛飾りが見えました。
 入ってみますと、ちょうど先ほど飾り付けたところだと、お店のかたが、お話ししてくださいました。
 酒屋さんには江戸時代、和紙のお店には明治時代の雛飾り ・・・ うちのはそれほど古くないけれど、そうだ、それならそれで新しい飾り付けをしてみようと工夫されたのだそうです。
0006
  いかがでしょう。なんと、ホワイトデー バージョンだそうです。十二単の衣装などもとてもきれいで、背中も視られるようにとお互いに向き合う形でレイアウトしておられたのですが、「首も動かせるのですよ」と変化させてくださいました。
  伝統の行事に新しい味付けを・・・ というお心が伝わってきて、なんだか嬉しくなりました。
  桃の花が開くのももうすぐでしょうか。 どうぞ、あたたかくして、お元気でお歩みください。
 今日もよい日となりますように。
 

|

« ひと味 、ふた味違う 「癒し」のとらえ方 | トップページ | 映画 「バベットの晩餐会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美濃市の雛飾り:

« ひと味 、ふた味違う 「癒し」のとらえ方 | トップページ | 映画 「バベットの晩餐会」 »