« 藤城清治さんの「セロ弾きのゴーシュ」 | トップページ | ある病院の食堂にて モーニング »

2016年4月22日 (金)

『音楽の366日話題辞典』

0003 『音楽の366日話題辞典』

東京堂出版 2011年1月1日 初版発行
  題名のとおり、1年366日、それぞれの日にちなんだ音楽に関係した内容で綴られている本です。
 4月に生まれた人でいいますと、
4日 「十五夜お月さん」の作曲でデビューした本居長世の誕生日、
7日 「春の海」などの宮城道雄さん
11日 金子みすゞさん
15日 レオナルド・ダヴィンチ
16日♫「お山の杉の子」を作曲した佐々木すぐるさん
19日♫「椰子の実」を作曲した大中寅二さん
28日♫「A列車に乗って」のデューク・エリントン
 という具合です。
  レオナルド・ダヴィンチは、リラという楽器を自作し、これを演奏しながら歌ったそうで、音楽にも才能豊かだった人だそうです。 すごいですね。
  おりにふれて、こうした音楽に関する話題もとらえていたいです。インターネットでもこうしたページがあるかも知れません。 あまり毎日調べると疲れるかも知れません。NHKラジオでいろいろな内容を含んだ「今日は何の日」というのを放送していますので、聞ける日は耳を傾けています。 ちなみに今日、4月22日は長谷川町子さんの「サザエさん」が福岡日報で連載スタートした日だと放送されていました。
 さて、今日もよい日となりますように。 一日一日、何らかのエピソードがあるものですね。 今日は、どんなエピソードが生まれるのでしょうか。

|

« 藤城清治さんの「セロ弾きのゴーシュ」 | トップページ | ある病院の食堂にて モーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『音楽の366日話題辞典』:

« 藤城清治さんの「セロ弾きのゴーシュ」 | トップページ | ある病院の食堂にて モーニング »