« どなりこみ  河合隼雄さん 「心理療法家の眼」 から 2 | トップページ | 平和をつくる »

2016年4月30日 (土)

岐阜県博物館 美術工芸品で味わう能文化

 関市にあります百年公園に行ってきました。すてきな変化がここ最近の間にありましたので嬉しくなってお伝えいたします。 駐車場は無料となっています。月曜日は休園です。
 1.レストハウスがオープンしていました ・・・4月27日開店だったそうです。
   無料休憩所にもなっていて、テーブル・椅子を遠慮なく使えます。
   ドリンク プラス 100円 で、トーストとゆで卵のモーニングがあります。(9時から11時半)挽き立て・淹れたて珈琲が250円。そのほか、いろいろなドリンクがあります。
 2.公園内の岐阜県博物館に向かう坂道のモノレール ? らくらく号が 復活していて元気に乗せてくれました。 
 3.5月8日まで、「美術工芸品で味わう能文化」 瑞穂市にある故玩館(こがんかん)の移動展(無料)が開催されています。 5月1日(日)13時から13時まで実力派の能楽師の小鼓と笛の生演奏を聴きながら能を味わえます。
0003
 
  公園内は広々としていて、いろいろなスポーツ設備、アスレチック遊具 などもあります。
  関心があって、時間、距離などにご無理の無い方・ご家族は、どうぞ。
 展覧会の期日もありますので、今日は、二つの記事を掲載させていただきます。
 よい日となりますように。

|

« どなりこみ  河合隼雄さん 「心理療法家の眼」 から 2 | トップページ | 平和をつくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜県博物館 美術工芸品で味わう能文化:

« どなりこみ  河合隼雄さん 「心理療法家の眼」 から 2 | トップページ | 平和をつくる »