« オムライス  | トップページ | 『音楽の366日話題辞典』 »

2016年4月21日 (木)

藤城清治さんの「セロ弾きのゴーシュ」

 藤城清治さんの美術作品、「セロ弾きのゴーシュ」の絵はがきを、友人からいただきました。うーむ、考えてみますと、ゴーシュ本人には自覚はなかったようですが、ゴーシュの家を訪れるカッコーやタヌキ、ネズミなど、周辺の動物たちには、「音楽療法士」としてゴーシュの名声(?!)は高かったのでしょうね。

Fujisirosann
 改めて、宮沢賢治さんの世界の奥深さ、そして藤城清治さんの美術作品の美しさ、細やかさに魅せられています。那須高原にあるという藤城清治さんの美術館に行ってみたくなりました。
 今日も、美しいものに出会えるよい日となりますように。

|

« オムライス  | トップページ | 『音楽の366日話題辞典』 »

コメント

 永らくのご勤務、お疲れさまでした。私も半年間の高校講師を3月末に終え、二度目の退職記念旅行に家内と出かけました。信州高遠の桜、光前寺のしだれ桜、諏訪ガラス館などを巡り、池ノ平湖畔にある藤城清治美術館の切り絵も鑑賞しました。先週のことです。水や鏡を効果的に活かしたファンタジックな展示でした。  地域の小学校の登校見守りボランティアとトレーニング・プール通いが日課です。
※ ムーミンパパより
 コメント、ありがとうございます。そうですか、Kou先生に教えていただいた高校生たちには、幸せな巡り合わせの半年間でしたね。労をおねぎらい申し上げます。
 藤城清治美術館に先週、お行きになったとは ・・・すてきな情報をありがとうございます。この夏には、安曇野の絵本美術館などに連れて行ってくださる方があるので、楽しみにしています。
 どうぞ、鍛えてこられた居合いの道も生かし、お健やかで奥様とよき日々をお歩みくださいますように。

投稿: kou. | 2016年4月21日 (木) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤城清治さんの「セロ弾きのゴーシュ」:

« オムライス  | トップページ | 『音楽の366日話題辞典』 »