« こいのぼり | トップページ | オムライス  »

2016年4月19日 (火)

『洋七・おかんの がばい介護日記』

0005 『洋七・おかんの がばい介護日記』
島田洋七 著
朝日新聞出版 2015年2月28日 第1刷発行
 しばらく前になりますが、島田洋七さんの『佐賀のがばいばあちゃん』がベストセラーになり、映画化もされたことを覚えておいでの方も多いと思います。
 その島田洋七さんが、お嫁さんのお母さんが脳梗塞で倒れたのをきっかけに、佐賀に家を建てて、東京から引っ越します
 東京からの転居も、お嫁さんに相談せずに決断して佐賀に同行したときに建設中の家をいきなり見せたので、最初は、何を冗談言っているの、と信じてもらえなかったそうです。
 とにかく、前向きに明るく介護を進め、当初は2週間もつかどうかと危ぶまれたお母さんも元気になられ、お母さんと親戚20人ほどとで出かける一泊二日の温泉旅行を年に2回、実に20回以上実現させます。
 
 なかなか、真似のできることではありませんが、よろしければ、お読みください。
 今日も、よい日となりますように。
 
 

|

« こいのぼり | トップページ | オムライス  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『洋七・おかんの がばい介護日記』:

« こいのぼり | トップページ | オムライス  »