« 『幼い子は微笑む』 | トップページ | 葉桜の季節 »

2016年4月26日 (火)

『小さな本の大きな世界』

0003 『小さな本の大きな世界』
長田 弘  著
酒井駒子  絵
クレヨンハウス  2016年4月15日 第1刷
 見開きの2ページで1冊の本が紹介されています。・・・ 数えてみましたところ、150冊プラスアルファだと思います。
 東京新聞・中日新聞に連載された13ヶ月間の文章などが本になったものだそうです。
 書名のもとになったのは、『くるみ割り人形とネズミの王様』・『ひみつの王国 評伝 石井桃子』です。
 ほかに『オズの魔法使い』『セロ弾きのゴーシュ』『正岡子規 言葉と生きる』『あとみよそわか』『マッチ売りの少女』『桜守のはなし』『キャロライン・ケネディが選ぶ「心に咲く名詩』などなど多彩です。
  この本を手がかりに、できるだけ読んでみようと思います。
  図書館で借りている本ですが、4月15日に発行されたばかりの本がこうして読めることの幸せを感じています。
 今日も、よい日となりますように。
 

|

« 『幼い子は微笑む』 | トップページ | 葉桜の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『小さな本の大きな世界』:

« 『幼い子は微笑む』 | トップページ | 葉桜の季節 »