« ピアノの練習曲を作ったツェルニーは 温かい人だった | トップページ | 『「私」を受け容れて生きる』 -父と母の娘ー  末盛千枝子 »

2016年4月 4日 (月)

ショパンの楽譜

0006  NHKで放送されている「ららら クラシック」という番組を録画(3月26日放送分)して見ていましたら、ショパンの「雨だれ」の自筆原稿が映し出されました。
  ピアニスト・作曲家である加羽沢美濃さんは、この楽譜を目の当たりにしたとき、あのショパンもこんなに苦しみながら「雨だれ」を作曲したのだということが胸に迫って、号泣したと語っておられました。
 うーん、世間は、とかく、あの人ならできて当たり前と思い込み、無責任に天才、名人扱いしたり、「これ、ちょこちょこっとやっといてよ。あなたならお茶の子さいさいでしょ」と、自分にはできないことを押しつけたりすることがないとは言えません。
 でも、ショパンも苦闘しながら作曲した・・・  このことを胸に刻んで、歩みたいと思います。
 今日も、よい日となりますように。 NHKさん、画像をありがとうございます。
0003

|

« ピアノの練習曲を作ったツェルニーは 温かい人だった | トップページ | 『「私」を受け容れて生きる』 -父と母の娘ー  末盛千枝子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショパンの楽譜:

« ピアノの練習曲を作ったツェルニーは 温かい人だった | トップページ | 『「私」を受け容れて生きる』 -父と母の娘ー  末盛千枝子 »