« 新人の方々へのエール | トップページ | ショパンの楽譜 »

2016年4月 3日 (日)

ピアノの練習曲を作ったツェルニーは 温かい人だった

 『ツェルニー30番練習曲』など、たくさんの練習曲を作ったツェルニーさん ・・・ この練習曲で苦労したので、あまりツェルニーさんは好きではない というかたは おられないでしょうか。 実は、私もその傾向が・・・

 でも、この本を読んで、その思いが変わりました。0004
『ピアノと向き合う 芸術的個性を育むために』
奥 千絵子 著 春秋社
 2010年11月20日 初版第1刷
 この本にツェルニーさんについて、こんなことが書かれているのです。
 ◇    □    ○     ☆
 10歳からベートーヴェンにピアノを師事。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第一番、第五番皇帝を演奏し、特別の評価を得たとのこと。毎週1~2回ベートーヴェンの曲でプログラムを組んで演奏し、ベートーヴェンも同席したそうです。
 生来の好みから、人前で演奏することより、教えることにウエイトを置くようになっていったツェルニーをショパンやリストとの交流の面から眺めてみましょう。
 ショパンがウイーンに来て初めて訪問したのはツェルニーだったそうで、たびたび二重奏をしたそうです。「彼のどの作品よりも暖かい人物」とショパンはツェルニーを見ていたとのこと。
 リストの場合は、こうです。
リストはフンメルに師事するためにワイマールに行く予定だったのですが、謝礼がリストにとっては高過ぎ、ウイーンでツェルニーに師事しました。ツェルニーは彼から謝礼を取らず、楽譜も与え、生活を援助し続けたそうです。
 確かに、ショパンのいうとおり、温かい人柄だったようで、ウイーンを訪れる音楽家たちは、かなり彼の世話になったようです。 たくさんの弟子を育て、ベートーヴェンの甥のカールも指導したとのことです。
   後年のリストの活躍、音楽史上に記した大きな足跡を考えてみますと、ツェルニーの働きは、とても大きなものに思えます。一人の人の存在は、計り知れないところがあるのですね。
  一見、冷たく思えるツェルニーの練習曲集が、温かい配慮に満ちた楽譜に見えてきたように思います。 がんばります。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。
 

|

« 新人の方々へのエール | トップページ | ショパンの楽譜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの練習曲を作ったツェルニーは 温かい人だった:

« 新人の方々へのエール | トップページ | ショパンの楽譜 »