« 『評伝・河野裕子 たつぷりと真水を抱きて』 | トップページ | 『なるほどの対話』 河合隼雄・吉本ばなな »

2016年5月13日 (金)

すずらん

 庭の鈴蘭(すずらん)が咲いてくれました。 気候的には、もう少し涼しいところのほうが鈴蘭には快適なのでしょうけれど。
Photo
  私が好きだったダークダックスに、「すずらん」という多くの人に親しまれている曲があります。歌声喫茶などでも人気があったようです。

「すずらん」

ダーク・ダックス訳詞/フィエルツマン作曲

ある夏の夜(よる) 静かな森を
ひとり歩くとき 何処
(いずこ)ともなく
ただようその香
(か) すずらんの花よ
ランディシー
 ランディシー
やさしい 乙女よ
ランディシー ランディシー
君こそ

すずらんの花 胸に抱
(いだ)いた
可愛い娘よ 君の心は
すずらんのよう 気高く香るよ
ランディシー ランディシー
やさしい 乙女よ
ランディシー ランディシー
君こそ

愛の香りが 夜にただよう
今日もまた君と 君と僕だけ
二人の花よ すずらんの花よ
ランディシー ランディシー
やさしい 乙女よ
ランディシー ランディシー
君こそ

  ◇    □     ○     ☆    ※

  家内には、すずらんに特別の思いがあるようです。

  小学校3年生の学芸会で、こんな劇をしたそうなんですね。

  ウサギのお母さんがわなにかかってしまったとき、傍に咲いていたすずらんの花を振って子どもたちに助けを求め、鈴の音を聞いた子どもたちがとんできて無事に親子で我が家に帰ることができた。

 そのすずらんの花を、裁縫が好きで得意にしていた家内のお母さんが時間をかけて作ってくれた ・・・ そのことを今もすずらんの花を見ると思い出すのだそうです。

 この世に咲き出でる花 ・・・ 静かに咲きながら、かけがえのない働きをしてくれているのですね。

  今日も、よい日となりますように。

|

« 『評伝・河野裕子 たつぷりと真水を抱きて』 | トップページ | 『なるほどの対話』 河合隼雄・吉本ばなな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すずらん:

« 『評伝・河野裕子 たつぷりと真水を抱きて』 | トップページ | 『なるほどの対話』 河合隼雄・吉本ばなな »