« 眞理ヨシコさん ファミリーコンサート | トップページ | 金華山 »

2016年5月16日 (月)

もう限界『介護で心がいきづまったときに読む本』

0002 もう限界! !
『介護で心がいきづまったときに読む本』
高室成幸 (たかむろ しげゆき)
鈩 裕和 (ひろかず)
自由国民社 
2011年8月4日 初版 第1刷 発行
2016年2月26日 第2版第1刷 発行
 題名は、ちょっと切羽詰まった感じがありますね。 でも、内容は落ち着いていろいろな場合について、2015年に改正された介護保険に対応して分かりやすく説明されていて、参考になるように思います。
  日常生活から少し距離を置いて、岡目八目的に眺めることで、介護に当たっている方の心にゆとりが生まれる・・・そんなよさがこの本にはあるように思います。
[例] 高齢者との接し方から
 何でも「認知症に結びつけない」
大事な3つ
① 軽い気持ちで「認知症なんじゃない?」などと言わない
② 加齢による物忘れは、だれにでも起こる
③ もの忘れと認知症は違う、ということを知っておく
先回りして世話をしすぎない
① 自分でできることは、じぶんでしてもらうようにする
② 「自分でできないことを手伝う」のが、介護の基本
③ 行きすぎたケアは、高齢者の心身の衰えを早める原因に
 さしあたって、今はまだいい と思っておられる方もさっと目を通しておかれてもよいかもしれません。 自分の考え方や行動の仕方を現在より客観的に把握する参考になるかもしれません。
 今日も、よい日となりますように。
 

|

« 眞理ヨシコさん ファミリーコンサート | トップページ | 金華山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう限界『介護で心がいきづまったときに読む本』:

« 眞理ヨシコさん ファミリーコンサート | トップページ | 金華山 »