« 三夜目のホタル | トップページ | 『卜伝飄々』(ぼくでん ひょうひょう) »

2016年6月14日 (火)

大切なことから目を離さないで

  保育園や幼稚園、学校であったことなどをお母さんに聞いて欲しくて、駆け足で帰宅した子 ・・・ 夕餉の支度に立ち働いているお母さんは、なかなか耳を傾ける時間が作れずに言います。 「あとで」

 どちらにも悪気は、ありません。これっぽっちもないのです。 でも、心は、すれ違ってしまいます。

  ぴちぴちと生きている子どもには、そのとき、そのときが ベストタイミングなのですね。  いつの時代にも人類の直面してきた そしてこれからも直面する大きな課題 というと大げさでしょうか。

 いえ、夕餉ではありませんが、今朝、台所に立って 料理というほどではありませんがミニミニ クッキングをしようとしたら、なかなか難しかったのです。

 いただいた枝豆をゆでる  お湯の量・煮立ち具合・塩を入れる量とタイミング   ゆで卵 ・・・ 栗原はるみさんによると、卵を冷水に入れて、ガスに着火してから13分でほどよい加減に  コーヒー 最初に20CC注いで約20秒蒸らし、その後、お湯をとぎらせずに2分程度注ぐ

トースト 焦がさず ほどよいところで スイッチオフ (オーブントースターを使っています) 八つ切り 四つ切り などで 違ってきます 冷凍庫でのパンのこおり具合 その日の気温で 微妙な調整が ・・・

 うーん  上記の品々の仕上がるタイミングをうまく合わせるのは至難の業! もし、ここに幼な子が 一生懸命に話しかけてきたら ・・・  お父さん、あなたの出番です という声が上がるわけが 台所に立つと やっと理解できそうに。 遅まき あまりにも遅まきではありますけれど。子どもたちが巣立って、定年退職後9年働いて やっと朝食作りの生徒として台所に立つというのは・・・。

  偉大な女性 お母さん方に 敬意を表します。

  でも 私なりにそのとき、そのとき ひたすら懸命に 励んできたのです。いたらないながら (^_^; 世の男性も、そうでありましょう。 私などより ずっとずと 素晴らしく

0003
              雨の中 仲良く咲いた 夏椿四兄妹 

  さぁ、今日も 大切なことを 見つめ続けて 歩む よい日となりますように。

|

« 三夜目のホタル | トップページ | 『卜伝飄々』(ぼくでん ひょうひょう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大切なことから目を離さないで:

« 三夜目のホタル | トップページ | 『卜伝飄々』(ぼくでん ひょうひょう) »