« 『つばき』 山本一力 | トップページ | 詩 「夕方の三十分」 黒田三郎 »

2016年8月 7日 (日)

卵を割らなければ オムレツは作れない

 テレビ番組「徹子の部屋」に岸惠子さんが出演していて、女優を続けるか、結婚するかで考えていたとき、彼女にプロポーズした相手がこう言ったのだそうです。

 「卵を割らなければ オムレツは 作れない」

 卵を割るのは惜しいけれど、割らなければ卵は卵のままで、オムレツはあきらめるしかない ・・・ 人生のとても大きな選択の場面で、こういう例を持ち出すとは、さすがフランス流の洒落れたセンスでしょうか。

 あれも、これも と思っていると、虻蜂取らずになってしまいます。何かを選ぶということは、ほかのものを捨てること ・・・選んだ後は、その選択をしてよかったという心でひたすらにベストを尽くす ・・・ そういういさぎよさが人生を豊かにするのだと思います。

 サラリーマン川柳にこういうのがありました。

 プロポーズ あの日にかえって ことわりたい

 うーん、この川柳が上位入賞したこと、分からないでもありませんね。

 でも、できるならば、歩み出した今の道を最上の道と思い定めて歩みましょう。 意地や痩せ我慢でなく、それは素晴らしい生き方です。 ・・・ まずは、思い切って卵を割りましょう。 おいしいオムレツを焼くために !!

 今日もよい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« 『つばき』 山本一力 | トップページ | 詩 「夕方の三十分」 黒田三郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卵を割らなければ オムレツは作れない:

« 『つばき』 山本一力 | トップページ | 詩 「夕方の三十分」 黒田三郎 »