« 『吉沢久子 97歳のおいしい台所史』 | トップページ | 大王わさび農場 »

2016年8月23日 (火)

夏の旅 安曇野ちひろ美術館 トットちゃん広場

 おお、ラベンダー畑 ・・・ と思ったのですが、青いサルビアでした。長野県北安曇野郡松川村のちひろ美術館に2016年7月23日にオープンした「トットちゃん広場の一角の眺望です。
C
 トットちゃん、こと黒柳徹子さんが、胸躍らせて学んだ電車の中の教室が再現され、ちひろ美術館では、それとつないだ企画が展開されていました。

A マニアの方には、すぐお分かりになるのでしょうか。

 「モハ」という1927年製の電車

「デハニ」は1926年製

 松川村が長野電鉄からゆずり受けたとても貴重な車輌とのことです。




B 「モハ」の中は図書館、「デハニ」の中がトモエ学園の教室の再現になっています。

 夏休みということもあって、たくさんの子ども、大人が訪れていました。

 そうそう、申し遅れましたが、私、ムーミンパパと、その家内、ムーミンママは、同じキリスト教会に通うすてきな若いご夫婦のお世話になって、二泊三日の旅行を楽しませていただきました。

 今、思い出しても、まるで夢のように楽しく、美味しく、涼しく ・・・ たいへんすてきな旅でした。

 本当に、ありがとうございました。

 読んでくださっているあなたにも、すてきな夏の思い出の時間がありますように。(そうでないと申しわけありませんから)

 今日も、よい日となりますように。

|

« 『吉沢久子 97歳のおいしい台所史』 | トップページ | 大王わさび農場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の旅 安曇野ちひろ美術館 トットちゃん広場:

« 『吉沢久子 97歳のおいしい台所史』 | トップページ | 大王わさび農場 »