« 恵みシャレー軽井沢 | トップページ | ゴーヤのポタージュスープ »

2016年8月26日 (金)

草津温泉 

 ♪草津 よいとこ いちどは おいで~

 すてきなお湯でした。お湯の源泉と申しますか、「湯畑」と呼ばれているところは広大で、たくさんの人が訪れていました。このあたり、海抜は1156メートルとの表示がありました。 

0038
 湯畑を囲んでいる石柱・・・ 多くの有名人の名が記されていました。

0028  とにかく、規模の大きな「湯畑」

  ぜいたくにお金を使うことの比喩に

「お金を湯水のように使う」という表現がありますが、そんなことも忘れるほどに圧倒されて見ていました。

※ ただ、この表現はきれいな水に恵まれている日本で通用する比喩で、中国では、とても大切に使うという意味になると聞いたことがあります。

0037
   それにしても、湧かさなくてもお湯が大量にあふれ出ているというのは、なんという恵みでしょうか。

  ただし、湯畑のお湯の温度は90数度でしょうか 湧き出る熱湯を安全に、そして確実にそれぞれの旅館に導き、適温にして供給するのは、なかなかに大変なことだと思います。

 さて、四回にわたって、今も、夢見心地になる旅の思い出を何回かにわたって掲載させていただきました。

 私たちを連れて行ってくださった若きクリスチャンご夫妻、そして軽井沢で温かく迎えてくださった友人ご夫妻、ホテルなどでお世話になった方々・・・そして、このブログを訪れてくださる方々 本当にありがとうございます。

 上記のご夫妻たちは、岐阜の教会で、ご夫婦がそろって洗礼をお受けになったという共通点をおもちです。20数年という歳月がその間にあり、教会の建物は新しくなっていますけれど。その教会でご夫婦そろって同じ日に受洗されたのは、今までのところ、この二組のご夫妻たちだけです。 こうした巡り会わせって、うーむ・・・すてきですね。

 残暑厳しいなかですが、どうぞ、お健やかでお歩みくださいますように。今朝は、夏休みのラジオ体操のフィナーレ・・・久しぶりにたくさんの子どもたちの明るい声が聞かれました。 既に二学期が始まっているところも、これから二学期が始まる学校も、どうか、子どもたち 一人一人が明るい表情で、力を合わせて元気に遊び、意欲的に学ぶことが出来ますように。  ひとつひとつのご家庭を、神様が豊かに祝福してくださいますように、とお祈りいたします。

 今日も、涼やかな秋に向けて歩む、よい日となりますように。

|

« 恵みシャレー軽井沢 | トップページ | ゴーヤのポタージュスープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草津温泉 :

« 恵みシャレー軽井沢 | トップページ | ゴーヤのポタージュスープ »