« さあ 九月になりました (^J^) | トップページ | 鉄道グッズコレクション ーマニアが蒐集した旅の思い出と記念グッズー »

2016年9月 2日 (金)

『わがままだって、いいじゃない。』 ーその2ー

『わがままだって、いいじゃない。』  92歳のピアニスト「今日」を生きる

室井摩耶子  著 

小学館 2013年4月6日 初版 第1刷発行

0003
 この本について書かせていただくのは、この春の4月9日以来、2回目です。 発行された2013年に92歳でいらっしゃいましたから、今年、誕生日をお迎えになると95歳におなりになります。

  実は、この本に室井さんがブログをお書きになっていると書かれていましたので、そのブログを訪れてみました。

 すると、今年の12月10日にハイドンのピアノソナタ2曲の演奏を組み入れたトークコンサートを開かれることと、それに向けて準備を進めておられることが書かれていました。ブログ 「室井摩耶子のピアニスト生活」から。

https://mayakomuroi.blogspot.jp/2016/08/blog-post_27.html#comment-form

 さて、この本『わがままだって、いいじゃない。』から、写真を1枚、引用させていただきます。

0004  1960年、39歳の時にベルリンで室井さんがデビューなさった当時の写真だそうです。 それから56年間、活躍しておられるのです。

 本の結びにこう書いておられます。

 まだまだ、毎日、発見があるから。神さま、もう少し私をこの世においてください。

 引退。このことについて考えたことは、まだ一度もありません。

 ◇  □  ○  ※ ☆

 室井摩耶子さんがお生まれになったのは1921年(大正10年)  ・・・高山に住んでいる私の母と同い年。

 そういうこともあって、心から応援させていただきます。

 ◇  □  ○  ※ ☆

 【 付記 】   室井摩耶子さんを教えた先生たち

 ピアノの最初の先生はl鯉のぼり」などの作曲者、弘田龍太郎さんの奥様。

  それからリトミック教室の先生は小林周作先生 ← このお名前に聞き覚えのある方は、すごい! そうです。黒柳徹子さんの『窓際のトットちゃん』に出てくるともえ学園の校長先生です。スイスの音楽教育家ダルクローズさんが開発した音楽教育法リトミックを,小林周作先生は留学して直接ダルクローズさんから学ばれたのだそうです。

 そして、作曲は、岡本敏明先生・・・「どじょっこふなっこ」などを作曲されたかたです。

  素晴らしい方たちに出会われ、室井摩耶子さんご自身の豊かな資質、たゆまぬご精進があって、今日も輝いておられるのですね。

 芸術の秋。今日も、よい日となりますように。

 

 

|

« さあ 九月になりました (^J^) | トップページ | 鉄道グッズコレクション ーマニアが蒐集した旅の思い出と記念グッズー »

コメント

朝夕の風に9月を感じます、私も日々の出会いに励まされています。昨日出会った「55プラスの会」の方たち、そして小澤征爾さんのこと、今日の室井さんのメッセージからもいろいろ学ばせて頂き感動!感動!です。ムーミンパパママ本当にありがとうございます神様に感謝です。

※ ムーミンパパより
 こちらこそ、私のつたないブログをいつも訪れていただき、励みになっております。ありがとうございます。「55プラスの会」は岐阜市芥見キリスト教会で毎月1回開かれているおもに55歳以上のかたの集まりですね。いろいろな方とお話を交流できる堅苦しくない、すてきな会だとうかがっております。
 今日は気温が上がりそうですが、さわやかな風と空・・・よい日となりますように。

投稿: 夢希 | 2016年9月 2日 (金) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『わがままだって、いいじゃない。』 ーその2ー:

« さあ 九月になりました (^J^) | トップページ | 鉄道グッズコレクション ーマニアが蒐集した旅の思い出と記念グッズー »