« 秋の旅路 | トップページ | 映画 「くちびるに歌を」 »

2016年9月21日 (水)

映画 「ビリ ギャル」

 「ビリ ギャル」という映画を見ました。2015年に作られた邦画です。成績の振るわなかった女子高校生が、自分をほめてくれた塾の先生の在り方に自尊心・自信を回復し、目指す大学に現役合格したという実話に基づいた映画です。

  その生徒、さやか(有村架純)を支えた母親(俳優は吉田 羊さん)、そして塾の坪田先生(伊藤淳史)・・・今のNHK朝のドラマで常子さんの妹と結婚した俳優さん・・・の言葉・生き方が特にすてきだと思いました。

Photo
 自分を信じてくれる人がいる ・・・ これはそれまでの人生がどうであれ、これからに希望を持って励むエネルギーを沸き立たせてくれるのですね。

 私も、希望を持って ・・・たとえば、ムーミンパパ体型からスナフキン体型へと・・・ 例はともかく、 励みます。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 秋の旅路 | トップページ | 映画 「くちびるに歌を」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「ビリ ギャル」:

« 秋の旅路 | トップページ | 映画 「くちびるに歌を」 »