« 『名コンサートマスター キュッヒルの音楽手帳』 | トップページ | 『サーカスナイト』 よしもとばなな »

2016年10月 7日 (金)

朗読会

 もし、よろしかったら、ためしに、次の文を声に出して読んでみてください。ゆっくりで結構です。

「ひまごがめ」  ・・・ 少し、言いにくいでしょうか。 「ひまごがめ」 ・・・ よろしければ、三回どうぞ。 若い中学生も、三回目には 「ひまごがめ」 が 「ひまごまげ」 になったり、「ひまごまめ」 と変化する場合がありました。 ですから、年齢ではなく、少し、練習するか,練習しないか ということで、はっきり言えるかどうかが違ってくるのですね。

 さて、今日の本題です。10月5日、こんな朗読の会がありました。

0011
 画像をクリックしていただくと、少し大きくなるかと思います。(環境にもよるようですけれど)
0012 15回目ということで、こつこつとした朗読への熱心な積み重ねが、それぞれの作品の世界へと、聴き手を引き込んでくれました。 「蜜柑」を朗読する方が、さりげなく蜜柑色の衣装を工夫しておられるなど、そうした面でもすてきでした。

 もし、ご都合がつく方は、28日に、こんな会が予定されていますので、どうぞ。

0014
 こんな文は、いかがでしょうか。

 ・「お綾や おあやまちを 母親に お謝りなさい」

 表情を動かす筋肉は36ほどあるそうです。言葉を声に出すことは、その筋肉たちを動かすので、健康にとてもよいそうですよ。 あごの線など、フェイスラインも、すっきりしてきます。 ← 私の顔でそういうことを申し上げても説得力が弱いのですけれども。

 今日も、よい日となりますように。 

 

|

« 『名コンサートマスター キュッヒルの音楽手帳』 | トップページ | 『サーカスナイト』 よしもとばなな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朗読会:

« 『名コンサートマスター キュッヒルの音楽手帳』 | トップページ | 『サーカスナイト』 よしもとばなな »