« 孫からのプレゼント | トップページ | 『名コンサートマスター キュッヒルの音楽手帳』 »

2016年10月 5日 (水)

歌は世につれ 世は歌につれ

 テレビで、懐かしい歌を4時間でしょうか、長時間にわたって放送していました。 その全部を聞いたわけではありませんが、懐かしい歌を懐かしい歌手が歌っていると、それを聴いて一緒に歌っていた頃に心がすっと戻るのを感じました。

 雨がそぼ降る庭に咲いていた花ショウガをその香にも惹かれて写したところでしたので、井上ひろしさんが歌っていた「雨に咲く花」の歌詞とともに掲載させていただきます。

0006
♪「雨に咲く花」

「雨に咲く花」

高橋掬太郎作詞・池田不二男作曲

およばぬことと 諦(あきら)めました
だけど恋しい あの人よ
(まま)になるなら いま一度
一目だけでも 逢いたいの

別れた人を 思えばかなし
呼んでみたとて 遠い空
雨に打たれて 咲いている
花がわたしの 恋かしら

はかない夢に すぎないけれど
忘れられない あの人よ
窓に涙の セレナーデ
ひとり泣くのよ 咽
(むせ)ぶのよ 

 同じ題名で、別の歌もあるようですけれど、私にとっては、この歌は中学生の時にヒットしていて、親しんでいた曲です。

 坂本九・舟木一夫・弘田三枝子・西田佐知子・ダークダックス・マヒナ・スターズ・スリーグレイセス 外国では、「愛さずにいられない」のレイ・チャールズ、「砂に書いたラブレター」などのパット・ブーンなどなど 忘れがたいです。

 あなたの心に残っているのはどんな歌、どんな歌手でしょうか。

 そうした歌があり、歌手がいるのは、幸せの一つだと思います。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 孫からのプレゼント | トップページ | 『名コンサートマスター キュッヒルの音楽手帳』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌は世につれ 世は歌につれ:

« 孫からのプレゼント | トップページ | 『名コンサートマスター キュッヒルの音楽手帳』 »