« 『友ありき 与謝蕪村』  渡辺 洋 著 | トップページ | 「手袋」 »

2016年11月27日 (日)

 「レインマン」 → 「メインマン」 ーBeingと関連してー

  『百万人の福音』という月刊誌があります。

0003
 その11月号の「聖書めがねで映画を見れば」というページに映画「レインマン」のことが書かれていました。 ダスティン・ホフマンとトム・クルーズという有名な俳優が兄弟という設定で出演し、多くの観客が映画館に足を運んだ映画です。

0005  チャーリーという弟役のトム・クルーズは、お金中心の生活を送っていました。父親が亡くなって、遺産を相続することになったとき、自分にはレイモンドという兄(ダスティンホフマンが演じています)が居ること、そして自閉症のため、施設に入って生活していることを知ります。

 強引に兄を施設から連れ出したチャーリーは、兄が飛行機に乗ることを極度に怖がるため、車による長距離旅行を一緒にすることになります。

 最初は、チャーリーにとって理解を超えるやっかいな兄でしかなかったのですが、やがて、幼い頃、雨の降る日にはやってきて優しくしてくれた雨男、レインマンが、実は兄、レイモンドをなまった幼い発音で、レインマンと呼んでいたことに気がつきます。

 対人関係をなかなか結べないレイモンドでしたが、別れの朝、兄弟の心がつながり、レイモンドは弟チャーリーを「メインマン(親友)」と呼びます。この映画がヒットし、障害のある人をレインマンと呼ぶ動きが生まれたそうですが(今はどうか分かりません)、障がいのある人を人格も含め、丸ごと受け入れるときに、メインマン(なくてはならない人になるのです,とこの文は結ばれています。

今日も、よい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださると、あなたを大切にしておられる神さまが喜んでくださいます。

【聖書】 イザヤ書 43章3節

 わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。


 

|

« 『友ありき 与謝蕪村』  渡辺 洋 著 | トップページ | 「手袋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:  「レインマン」 → 「メインマン」 ーBeingと関連してー:

« 『友ありき 与謝蕪村』  渡辺 洋 著 | トップページ | 「手袋」 »