« 『郷愁の詩人 与謝蕪村』 萩原朔太郎 著 | トップページ | 元気になる書 「再生」 武田双雲 書 »

2016年11月 7日 (月)

ユーモア話

  笑いは元気のもと ということで、ユーモア話を ・・・

1.料理番組で、小林カツ代さんがイワシの料理をしていたとき、質問が出ました。

 「イワシを焼くとき、頭の向きは どのようにしたらいいでしょう」

小林カツ代さん 「 向きは、こだわらなくてよいですよ。イワシが会議するわけではありませんから」

2 .ある神学生が、試験を受けていて難問に苦しみ、答案用紙にこう書いて提出しました。

  「答えは、神のみぞ知る」

 しばらくして届いた合否の通知には次のように書かれてい た。

  「あなたの答案によって、神は合格しました。けれど、あなたは、残念ながら不合格です。」

  張り切って仕事に出かけようとしている月曜日の朝から、こんな内容のブログだと、力が抜けてしまう、とお思いになった方、すみません。

 でも、インドの詩人、タゴールは申しました。

 張り詰めすぎた弦は、よき音色を奏でることができない

   ◇    □    ○    ※    ☆

  適度なユーモアは、人生のスパイス (^J^)

  今日も、よい日となりますように。

※ 今日の記事、書いていたのですが、掲示が遅れました。 心のどこかに朝からこういう内容は控えようかなという思いがあって、今の時間になったという、そういう成り行きになるぶんしょうだったのだなと思っています。すみません。

|

« 『郷愁の詩人 与謝蕪村』 萩原朔太郎 著 | トップページ | 元気になる書 「再生」 武田双雲 書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーモア話:

« 『郷愁の詩人 与謝蕪村』 萩原朔太郎 著 | トップページ | 元気になる書 「再生」 武田双雲 書 »