« 飛騨市 古川町の銘菓 | トップページ | 変身願望 ? »

2016年11月10日 (木)

卵のフライ  枝元なほみさん

 卵フライ、以前、ご紹介したような気がいたしますが、今回は写真がきれいにとれたということで、アンコール掲示です。

0005
  おいしそうでしょう !  おいしいんです (^J^)

  フライパンに大さじ1~2杯の油を入れ、強めの中火で熱する。油が温まったら、まず、卵1個分あたり大さじ1くらいのパン粉を油の中に入れ、菜箸(さいばし)で、ちょっと広げ、この上に卵を割り落とす。

0002
 するとフライ衣を作るときに、卵をつけてからパン粉をつけるのと同じで、パン粉と卵が必ずくっつくんですね。卵の上にも、パン粉をパラパラと大さじ1くらいまき、中火にしてフライパンの中の様子を見ます。下のほうのパン粉が少し色づき、白身が固まってきて「返せそうだな」と思ったら、フライ返しなどでひっくり返す。で、裏面もこんがりするまで挙げ焼きする。 これで完成。

 『枝元なほみの おしゃべり レシピ はるなつあきふゆ5のごはん』 から。

 河出書房新社 2005年5月20日 初版発行

 よろしければ、どうぞ。 なお、実際の調理、写真撮影は、ムーミンパパの伴侶によるものです。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 飛騨市 古川町の銘菓 | トップページ | 変身願望 ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卵のフライ  枝元なほみさん:

« 飛騨市 古川町の銘菓 | トップページ | 変身願望 ? »