« 大きな目と心で | トップページ | つるし柿 »

2016年11月14日 (月)

納豆はお好き ?

 サガンという人に「ブラームスは お好き」という小説があったように思い、今日のタイトルは、それをまねてみました。

 実は、「納豆どんぶり」のことを以前にも書いたことがあるのですが、今回、めずらしく私の写真を伴侶が褒めてくれましたので、タイトルだけ変えて、掲載させていただくことにいたしました。
0003
 右上の細ネギは菜園から収穫したてのを、刻まずにあしらってみました。 ← お察しの通り、家内がです。 私には、こういうセンスはありません。 これから身につく かな ?
 納豆そのものがお好きでない方には、関心を持っていただけないことでしょうね。実は、家内も納豆が好きではありませんでした。 けれど、あるお家で、「さあ、どうぞ」と納豆が登場したとき、義理堅さからと申しましょうか、家内は決心して、食べたのです。
 すると ・・・ 予想に反して、美味しかったのです。 家内の場合は、納豆に関しては食わず嫌いだったのですね。
 さあ、それから1週間というもの、私は家内が納豆を刻む音で目が覚めるのがならいとなりました。 初めて口にしたのが、刻み納豆だったのです。 トントントントン  トントントントン トントントントン トントントントン
 そのうち、刻まない納豆に挑戦し、それも美味しいことが分かってから、トントントントンという音はしなくなりました。 我が家に納豆が堂々と登場することになったいきさつは、上記のようでした。 そのきっかけを作ってくださった方、ありがとうございます。
 さて、納豆どんぶりの作り方です。
 とても簡単です。
・サラダ油あるいはオリーブオイルをフライパンにたらして、点火。
・あたたまったら、納豆をフライパンに。 
・納豆をドーナッツ型に広げて、ドーナッツの穴に当たる部分に卵を割って落とす。 
・フライパンにふたをする。 
・ほどよいところで、暖かいご飯の上に 納豆に囲まれた目玉焼きを移す。 
・納豆のタレ、あるいは醤油をかける。 
・ネギなどを添える。 黒コショウをふる。 鰹節をかける。  
※ 写真を撮った後で今回は鰹節をのせました。
 私にも、(見栄えは別として) 短時間で作れるようになりました。 よろしければ、どうぞ。
 今日も、よい日となりますように。
 11月14日 ・・・ 二男の誕生日です。 幼いとき、気象衛星ひまわりのニュースが大好きでした。 ある日、新しいひまわりが打ち上げられたニュースを見てひとこと。
「なーんだ ほんとうのひまわりじゃなかったのか」  地球の周りをひまわりの花がまわっていると思っていたのですね。 とーっても昔のことです。  誕生日、おめでとう。

|

« 大きな目と心で | トップページ | つるし柿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 納豆はお好き ?:

« 大きな目と心で | トップページ | つるし柿 »