« 元気になる書 「再生」 武田双雲 書 | トップページ | 卵のフライ  枝元なほみさん »

2016年11月 9日 (水)

飛騨市 古川町の銘菓

  私のふるさと、高山のJR駅が新しくなったことは、ニュースで見かけました。まだ新しい高山駅を訪れてはいないのですが、楽しみにしています。岐阜市の友人ご夫妻はワイドビュー飛騨に乗って訪れたそうで、元地元市民としては感謝しています。

  さて、その高山市と隣接している飛騨市古川町の銘菓をいただきました。

0008 味噌煎餅です。

  「ちょこっと珈琲入り」と、「ちょこっとえごま入り」の二種類があり、「ちょこっと」とあるのは、お察しの通り、チョコレートのことです。

 えごまは、飛騨ではあぶらえと呼ばれています。そういえば「えごま油」もよく健康食品として名前が上がるようですね。

0011
 創業百年という自家製味噌がベースとなっているこの味噌煎餅・・・全国菓子大博覧会名誉大賞・日本交通公社社長賞・岐阜県知事賞を受賞している飛騨名産だそうです。

 おいしくいただきました。ありがとうございます。

 余談です。私は高山市出身ですが、生まれたのは、このお菓子と同じ古川町弐之町です。幼い内に高山市三之町に引っ越しましたので、物心ついて自分がこの世に生きていることに気がついた記憶は、高山市から始まっています。

 古川町については、起こし太鼓の祭り、NHKの朝ドラに登場した和ろうそくのお店があること、音楽祭が開かれていること、最近ではアニメ映画「君の名は」の舞台となっていることなどをご存じの方はご存じだと思います。

  とりとめのない記事にここまでおつきあいいただき、ありがとうございます。

 今日も、よい日となりますように。

0009

|

« 元気になる書 「再生」 武田双雲 書 | トップページ | 卵のフライ  枝元なほみさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨市 古川町の銘菓:

« 元気になる書 「再生」 武田双雲 書 | トップページ | 卵のフライ  枝元なほみさん »