« 正直なお店 | トップページ | 岐阜市 長良公園 »

2016年12月30日 (金)

福井越前 水羊かん

 向田邦子さんの随筆に夏の水羊羹のことが書かれていますが、このいただき物の「越前福井水羊かん」は、冬の期間限定の名物なのだそうです。

0019

 大正・昭和のころ、丁稚(でっち)さんが冬の里帰りの時に食べたお菓子がこの水羊かんの由来だという説があるとのこと。

  大きな一枚になっていて、これをフリーサイズで切り取って、器に ・・・ うーむ、贅沢 (^J^)

 黒砂糖・ざらめ糖を使っての控えめな甘さはブラックコーヒーにもよく合うそうです。

 寒い日に暖かくした部屋で食べるのが、格別・・・ いただきまーす !!

 わあ、ありがとうございます。 まさに、ごっつあんです。

  これを題材に、一句詠みたいのですが、今は美味しさで思考停止していますので、こういうときには詠めないもののようです。

 おお、気がつけば、2016年もあと2日 ・・・ りっぱに「数え日」なのですね。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 正直なお店 | トップページ | 岐阜市 長良公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福井越前 水羊かん:

« 正直なお店 | トップページ | 岐阜市 長良公園 »