« 『マリー・キュリーの挑戦 科学・ジェンダー・戦争』 | トップページ | 寒さに負けないたくましさ »

2016年12月13日 (火)

開拓 

 ウオーキングする道の一つ ・・・聖書に出てくる道になぞらえて、エマオの途(みち)と呼んでいますが、山を抜けたところに少しずつ、竹藪や木を伐採して道を作っている方たちがおられます。実際に作業しておられるところに行き合わせたことはほとんどありません。集まれるときに集まれる人が来て、地道にこつこつと切り拓いておられることがうかがえます。

1481354117306
 通りかかって、少しずつの進展を見るとき、無言の内に伝わってくるものがあります。

 中学生の時に学んだ高村光太郎さんの詩「道程」を思い出しているのかもしれません。

「道程」 高村光太郎

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄(きはく)を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

 今日も、よい日となりますように。

|

« 『マリー・キュリーの挑戦 科学・ジェンダー・戦争』 | トップページ | 寒さに負けないたくましさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開拓 :

« 『マリー・キュリーの挑戦 科学・ジェンダー・戦争』 | トップページ | 寒さに負けないたくましさ »