« 樋口一葉のこと   | トップページ | 福井越前 水羊かん »

2016年12月29日 (木)

正直なお店

 今年の秋だったと思います。 このお店、正直だなぁと生鮮野菜、お肉、お魚を新鮮で求めやすい価格で販売している人気店で感じたことがあります。

 ある商品の所に、段ボールのおおいの部分を切り取って,それにマジックで、こう書いてありました。

 「自信を持って仕入れました。が、さっぱり売れません。できたら、助けてください」

 ふーん、と思いながら商品を見ていますと、店内放送が ・・・最初のほうは聞きそびれたのですが、「・・・美味しいと思いますので、ぜひお買い求めください・・・」

 ムムッ、 「美味しいと思いますので」・・・ このアナウンサーは、自分では食べていないのではないか と言葉通りにとれば思えます。そうでないかもしれませんけれど、意地悪に受け取るならば、試食して確かめていない品物を美味しいと思うと言って売りつけるのかと抗議するお客がいても不思議ではない放送です。

 けれど、そんな抗議の動きはありません。 

 レジの所ではこんな会話が聞かれました。

 お客 「これだけいっぱい買って思うけれど、いつも安いわねえ」

 レジ係 「安いですね。どうしてでしょうね」

  買い手と売り手が笑顔でこういう会話を交わしているお店 ・・・何だか、いいですよね。

 暮れのご多用の日に 今年は こんなこともありましたと 思い出したことを書かせていただきました。

 今日も、落ち着いて、よい日となりますように。 

|

« 樋口一葉のこと   | トップページ | 福井越前 水羊かん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正直なお店:

« 樋口一葉のこと   | トップページ | 福井越前 水羊かん »