« 詩 「もし この世の中に」 中原淳一 | トップページ | 安立スハルさんの短歌 から  »

2017年1月18日 (水)

ハンバーグ の 名の由来

 ごく最近の夕食のメニューは、ハンバーグ ・・・ 焼くところを見ながら、「丸ごと食べても ハン(半)バーグ」 などと、考えるともなく考えていました。

 さすがに、我ながら、もう少し高尚なことを考えようと思いました。それが、「ハンバーグって、ひょっとしてドイツのハンブルグ出身なのかな」ということでした。調べてみますと、このような記事がネットにありました。 あっ、その記事の前に、我が家のハンバーグはこんな具合にお皿に載りました。おろしハンバーグにしたのですね。

0003なんだか、テレビの、これからいいところと思うと入るコマーシャルみたいで、すみません。

 さて、本題です。こう書かれていました。

「 ハンバーグの起源は、ドイツのハンブルクから。
労働者向けの食事として流行したタルタルステーキがその元とされています。

このタルタルステーキというのは、13世紀頃にヨーロッパに攻め込んだモンゴル帝国のタタール人の生肉料理を原型としているのだそう。
硬い馬肉を細かく刻むことで、食べやすいものに加工したのがそれ。
それがドイツ系移民によってアメリカにもたらされ、「ハンブルク風ステーキ」と呼ばれるようになりました。つまり、ドイツの地名ハンブルクからハンバーグが生まれたというわけ。」 だそうです。

 私には、ひとつ、勉強になりましたけれど、皆様、よくご存じのことなのかも知れませんね。おつきあいくださいまして、ありがとうございました。 

 ちなみに、NHKの料理番組でぶりの料理を見ていましたら、「ぶりを使って、ハイブリッド料理ですね」と会話が ・・・ うーむ、料理を前にすると、こういうような発想モードになるのかも知れないと、思いました。 おあとがよろしいようで (^J^)

 今日も、よい日となりますように。

|

« 詩 「もし この世の中に」 中原淳一 | トップページ | 安立スハルさんの短歌 から  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンバーグ の 名の由来:

« 詩 「もし この世の中に」 中原淳一 | トップページ | 安立スハルさんの短歌 から  »