« 力で押し切っては いけないこと | トップページ | 氷の花のlリース »

2017年1月22日 (日)

手すきの和紙の 卒業証書

 1月21日の岐阜新聞朝刊に、下記の記事が掲載されておりました。

手すき、和紙の卒業証書  美濃市 牧谷小
0003
  このブログを見ていただいている環境にもよりますが、画像をクリックしていただくと、もう少し大きくなるかもしれません。美濃市の児童生徒は「美濃和紙の里会館」で卒業証書用の和紙を漉(す)くのだそうですが、「牧谷小」では、校内に美濃和紙を漉く作業教室がそなわっているのだそうです。
 さて、皆様は、ご自分の卒業証書を取りだしてご覧になることがおありでしょうか。
 正直に申しまして、私もほとんど見ることがありません。 でも、こうして、郷土に根ざした手作り和紙を実際に漉いて作成した卒業証書ということになりますと、たくさんの思い出とともに、おりにふれて取り出すことがきっとあるに違いないと思います。
 自分の血が通っており、親切に教えてくださる方があり、世界に大切な文化遺産として有名になった郷土の美濃和紙ですから・・・。
 美濃和紙に限らず、いろいろなところで、いろいろな工夫をこらして子どもたちへの有形無形の贈り物が贈られていることと思います。すてきですね。
 児童の権利条約の根幹の精神は、「すべての大人は 子どもに最善のものを贈る義務を負う」 だそうです。
 今日も、よい日となりますように。
 日曜日、キリスト教会では神様に礼拝が献げられます。よろしければ、どうぞ。
聖書の言葉
 わたし(神)の目には、あなたは高価で貴い。わたしはあなたを愛している

|

« 力で押し切っては いけないこと | トップページ | 氷の花のlリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手すきの和紙の 卒業証書:

« 力で押し切っては いけないこと | トップページ | 氷の花のlリース »