« 2月3日 その2  節分 | トップページ | 『クアトロ・ラガッツイ』 天正少年使節と世界帝国 下巻 »

2017年2月 4日 (土)

同音異義語 などなど

 今日は、リラックスしてお読みくださいね。 (いつもそうでしたら嬉しいのですけれど (^J^)

 同音異義語で、軽くながしてみたいと思います。 簡単に申しますと、しゃれ、だじゃれに分類されることを いくつか 書かせていただきます。

1. 落ち着いて咲いていても ロウバイ  [狼狽]  いえ [臘梅]

  香りもなかなかよい 臘梅(ろうばい) 分類は クスノキ科 だそうです。知らないほうが、風流に思いつつ眺められるような気もいたしますけれど。

2. 疲れているようにみえた人が だるそうに「県大会」と言ったので聞き返した ことがあります。  その人は、吹き出し笑いしながら答えてくれました。

「いいえ、県大会ではなく、倦怠感(ケンタイカン)といったのです。」

 二人して、しばらく笑いました。 その後、彼は元気に出かけていったような気がします。県大会にではありませんでしたけれど。

3. 2千年ほど前の発掘物のレプリカを見て、「ドキッ」と言いましたら、持ち主は「いえ、土器ではなく、鉄器です」とおっしゃいました。 (くぎだっだのです。)

4.子どもたちが小学生だった冬の、冷え込んだ朝

  さあ、起きなさいと 毛布を取ろうとしたら

 「毛布とらないで」と言った子どもが突然ひらめいたのですね、

 「もう ふとらないで」 と区切りを変えたのです。 「もう 太らないで」

いえ、ますます力を加えて、引っぱがしてやりました。 

 数年後、テレビでこのネタが使われていました。 いえ、別に家族の誰かが投書したわけではありません。 日本中で どの家庭でも生まれそうなジョークだったのですね。

 さて、立春ですが、気温が低めの朝かと思います。

 今日も、よい日となりますように。 

 明日は日曜日。キリスト教会では、神様に礼拝が献げられます。

|

« 2月3日 その2  節分 | トップページ | 『クアトロ・ラガッツイ』 天正少年使節と世界帝国 下巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同音異義語 などなど:

« 2月3日 その2  節分 | トップページ | 『クアトロ・ラガッツイ』 天正少年使節と世界帝国 下巻 »