« かすてらの中の空気・・・ | トップページ | アンズの花 »

2017年3月27日 (月)

礼拝堂の花

 キリスト教会では、毎週日曜日、神様に礼拝をお献げします。牧師さんは、聖書からのメッセージを文字通り精魂を傾けて準備し、語ってくださいます。

  一週間、それ以上準備されますが、特に土曜日は、そのための備えの日としてとても貴重な日となっています。

 教会に通うクリスチャンも、礼拝堂のお掃除や、お花の準備を代わる代わるいたします。

  この日曜日、私のお世話になっているキリスト教会で飾られたのはこういうお花でした。Photo
 山桜・桃の花・諸葛菜・椿・菜の花 ・・・ 。

 聖書の特によく知られている山上の垂訓の一節にこう書かれています。

  栄華を極めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。きょうあってもあすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたによくしてくださらないわけがありましょうか。 【マタイによる福音書 6章】

  ご準備して生けてくださった方の信仰・ご準備に心打たれながら、一つ一つの花々、そしてそれ以上にわたしたちひとりひとりによくしてくださる神様の愛を思いながら、皆さまと心から礼拝をお献げいたしました。

  心から感謝いたします。

  今日も、よい日となりますように。

|

« かすてらの中の空気・・・ | トップページ | アンズの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 礼拝堂の花:

« かすてらの中の空気・・・ | トップページ | アンズの花 »