« くすり博物館の掲示から  | トップページ | ユリノキ »

2017年5月13日 (土)

麦撫子 ムギナデシコ

 いつもの散歩道を変化させて、川に沿って歩いてみました。さほど遠くないところにナンジャモンジャの木があることに初めて気がつき、こういう発見もいいなぁと思いました。

 そして、ムギナデシコも咲いていました。 別名 アグロステンマ だそうです。 インターネットには、下記のような説明が見つかりました。ありがとうございます。

1494591271484アグロステンマ
 ナデシコ科
agros(野原)+ stemma(花冠)」の合成語
和名: ムギナデシコあるいはムギセンノウ  耐寒性1年草

アグロステンマはヨーロッパでは麦畑に生える草花として知られています。
和名の「ムギナデシコ」は、長い葉が麦の葉に似ているところから付けられたものです。

秋まき

(暖地)9~10月 開花期:4~6月
春まき

(寒地)3~4月  開花期:6~7月

 花を見ると、名が知りたくなります。そして聞いた回数と同じだけ、忘れてしまうのが、たいていの場合です。

 でも、聞かずに、名を知らないままにいるのと、聞いて忘れてしまうのとは、どこか、異なると思うのです。

 できたら、来年、この花を見かけたときに、ちゃんと名前が言えたらと思います。

 今日も、よい日となりますように。

 明日は日曜日。キリスト教会では、神様に礼拝をお献げします。

|

« くすり博物館の掲示から  | トップページ | ユリノキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麦撫子 ムギナデシコ:

« くすり博物館の掲示から  | トップページ | ユリノキ »