« 不在によって、存在の大きさが痛感された会 | トップページ | ショーンハート先生の お話 ー魔法の小石ー »

2017年7月30日 (日)

小林 凛くんと ショーン・ハート先生

Photo_2
 先日書かせていただいた『ランドセル俳人の五・七五』 小林 凛 著(ブックマン社)に、凛君を支えたショーン・ハート先生のことが書かれていました。

 ショーン先生は、凛君と、凛君のお母さん、史実(ふみ)さんの通う英会話教室の先生で、クリスマスにサンタの格好をしてプレゼントを家届けに来てくれたこともあるそうです。

 凛君親子の苦しい時期、ショーン先生は、明るく、いろいろな話をしてくれたとのこと。

  「コミュニケーションの苦手な子がうまく挨拶ができなかったりすると、その親は『すみません、こんな子なので』と言うでしょう?なぜ、謝るのか。アメリカでは。違います。『アンダスタンド・ヒム(彼を理解してください)と言うんです』 

 お母さんは、ありのままのその子が受け入れられることが自然な社会のだと知り、目が開かれたそうです。

 明日、もう一つ、ショーン先生のお話を紹介させていただきますね。

 今日もよい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会で神様に献げられる礼拝に、どうぞ、おいでください。


|

« 不在によって、存在の大きさが痛感された会 | トップページ | ショーンハート先生の お話 ー魔法の小石ー »

コメント

突然のメール失礼します。ショーン・ハートという自分の大学時代に仲の良かった友達をサーチしていて、ここにたどり着いたのですが、この日記に書かれている「ショーン先生」が自分の旧友のショーンであれば連絡先を教えてもらえるでしょうか?

僕の知っているショーンの実家はロスアンジェルス群のエルセグンドという町にあり、彼は大学を卒業してから日本にきて、日本人の奥様と一緒に茨城かどこかに引っ越したのですが、20年以上前のことで現在どこにいるのかわかりません。

心当たりありましたらお返事いただけると大変助かります。

ちなみに私は大学時代ロスアンジェルスの方に留学し、その後ニューヨークの大学に移り、15年ほど前に東京に帰国し、現在映像の制作会社で仕事しています。

※ ムーミンパパより
コメントをありがとうございます。松田様にはこの本の出版社会にお尋ねくださるようにメールを差し上げましたが、もし、このブログをごらんになったかたで、何か情報をおもちの方は、コメント投稿してください。取り次ぎの仲立ちをさせていただきます。ご友人とめぐりあえますように。

投稿: 松田良太郎 | 2018年4月12日 (木) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林 凛くんと ショーン・ハート先生:

« 不在によって、存在の大きさが痛感された会 | トップページ | ショーンハート先生の お話 ー魔法の小石ー »