« まど・みちお さん の詩 | トップページ | 『ゼロから始める人の 俳句の学校』 »

2017年8月19日 (土)

まど・みちおさんの詩  『ぼくがここに』

『ぼくが ここに』  まど・みちお

ぼくが ここに いるとき
ほかの どんなものも 
ぼくに かさなって
ここに いることは できない

もしも ゾウが ここに いるならば
そのゾウだけ
マメが いるならば
その一つぶの マメだけしか
ここに いることは できない

ああ このちきゅうの うえでは
こんなに だいじに
まもられているのだ
どんなものが どんなところに
いるときにも

その「いること」こそが
なににも まして
すばらしいこと として 

  ◇   □   ○   ※   ☆

 人間ひとりひとり  そして動物 植物 ・・・ その存在のかけがえのなさが染みとおってまいります。  まど・みちおさん、ありがとうございます。

 今日も、よい日となりますように。

 明日は日曜日。キリスト教会では神様に礼拝が献げられます。

【聖書】 平和をつくるものは幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。

|

« まど・みちお さん の詩 | トップページ | 『ゼロから始める人の 俳句の学校』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まど・みちおさんの詩  『ぼくがここに』:

« まど・みちお さん の詩 | トップページ | 『ゼロから始める人の 俳句の学校』 »