« 原田マハさんの三冊 その3 | トップページ | 庭の花  花ショウガ ペンタス 百合 »

2017年8月26日 (土)

ふるさと 高山

0001 私のふるさと、飛騨高山は、小京都と呼ばれることがあります。盆地であることだけでなく、京都びいきの殿様(金森氏)が、市内を流れる宮川を京都の賀茂川に見立てて町作りをしたことも、高山が小京都と呼ばれる由縁のようです。

  写真は、赤く塗られた中橋から城山を臨んだところです。私の小学生の頃は、柳のあるあたりは深く、勇気のある子は、柳から川に飛び込んでいたような記憶があります。清流で、鯉が泳いでいます。

 この中橋の近くに、朝市が開かれる陣屋(代官所)の広場があり、にぎわっています。 高原野菜、果実は味わい深く、美味です。 飛騨桃・トマト・つきたてのお餅などなど ・・・ 海外からのお客様の姿もたくさん見られます。

0007 人力車とうどん屋さん ・・・ 高山ラーメンも人気です。ほう葉味噌定食がメニューにある食堂もあります。

 そうそう、幼い私がピアノ教室に通う原動力の一つ(?!)でありました醤油味のみたらし団子、そして最近は飛騨牛の串焼きなども登場して人気です。

  古い町並みの一つ、三之町(さんのまち)にこういう建物があります。

  今は土産物屋さんですが、この屋根構え、そう、十字架を付けたら教会風だと思われませんか。 なんという素晴らしいセンスをお持ちなのでしょう。あなたは。  この建物、以前は、小学時代の私が住んでいた「高山キリスト教会」だったのです。

0003
 広島県生まれの母(96歳とほぼ一か月)は、やはり広島の呉市出身である牧師の父と結婚して、京都、名古屋、飛騨古川の教会を経て高山市に住むようになりました。

  今週、見舞いで高山を訪れた私たち夫婦を、母はとても素晴らしい笑顔で迎えてくれました。転倒して骨折した左膝のリハビリを老健の施設でしています。若いときに何時間も広島の海を泳ぎ続けることのできた足は、さすがに細くなっていますが、日常生活のための動きは、ほぼできるようになりました。世話をしてくれている妹の一人が手術で入院していたのですが、こちらも退院して、順調に活動しています。 お祈りくださっている方々に感謝申し上げます。

  今日も、よい日となりますように。

    明日は、日曜日。キリスト教会では神様に礼拝をお献げいたします。よろしければ、どうぞ。

|

« 原田マハさんの三冊 その3 | トップページ | 庭の花  花ショウガ ペンタス 百合 »

コメント

 お母さま順調のご様子良かったですね。96才はほんとにすごいです。
 私も12日に墓参りに行きましたが、だんごや飛騨牛串に加えて飛騨牛の握りずしに長い行列ができててびっくりしました!
 途中、高校時代以来の長良川競技場にサッカー応援に行きましたが全く記憶がありませんでした。すごく美しかったです。(ものすごい夕立に遭いましたが・・・)

※ ムーミンパパより
 コメントありがとうございます。
 故郷を同じくする同窓生からのふるさとについてのブログへのコメントは、また格別嬉しいです。
  読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋、味覚の秋・・・お互い、健康で、よい季節に充実の歩みができますように。
  

投稿: 坂本 | 2017年8月27日 (日) 13時06分

飛騨高山の街を、そしてお母様を、どんなに大切に想い、愛していらっしゃるか、伝わってまいりました。久しく訪ねる機会のなかった信州の故郷に足を運びたいと思います。
明日の礼拝がそれぞれの教会で豊かに祝福されますように。
※ ムーミンパパより
  コメントありがとうございます。
  今住んでいるところも、第二の故郷ですけれど、生まれ故郷、そして母は大切な心のふるさとですね。
  信州・・・すてきなところですね。昨年は、安曇野の岩崎ちひろ美術館を訪れさせていただきました。トットチャン広場がオープンして間もないときでした。食事に訪れた広大なワサビ園も、美味しかったです← 食い意地が張った表現ですみません。(^J^)

投稿: ディンブラ | 2017年8月26日 (土) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと 高山:

« 原田マハさんの三冊 その3 | トップページ | 庭の花  花ショウガ ペンタス 百合 »