« 『俳句の海へ 言葉の海へ』 | トップページ | 予告編 »

2017年8月 6日 (日)

「病者の祈り」

 日曜日ということで、「病者の祈り」を記させていただきます。ニュースキャスターの山川千秋さんを慰めようと、ベックという宣教師さんがお伝えになったニューヨークのリハビリテーション研究所の病院に患者さんが貼っていた詩だそうです。 日野原重明 著 『私が経験した魂のストーリー』 2005年12月25日発行 から引用させていただきました。ありがとうございます。

 ◇    □   ○  ※   ☆

大事をなそうとして 

力を与えてほしいと 

神に求めたのに

慎み深く従順であるようにと

弱さを授かった

より偉大なことができるように

健康を求めたのに

より良きことができるようにと

病弱を与えられた

幸せになろうとして

富を求めたのに

賢明であるようにと

貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして

権力を求めたのに

神の前にひざまずくようにと

弱さを授かった

人生を享楽しようと

あらゆるものを求めたのに

あらゆるものを喜べるようにと

生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが

願いはすべて聞き届けられた

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず

心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた

わたしはあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ 

   ◇    □   ○  ※   ☆

  求めたものは己の欲望 しかし祈りの中にあらわれた本当の願いは聞き入れられた。 山川千秋さんは、非常に安らかに亡くなられたそうです。

  日曜日。キリスト教会では神様に礼拝が献げられます。よろしければ、どうぞ。 

|

« 『俳句の海へ 言葉の海へ』 | トップページ | 予告編 »

コメント

日野原氏のことば、深いです。とても教えられます。ありがとうございます。

※ コメント、ありがとう。日曜日から、日野原先生の告別式次第など、掲載予定です。
  雨、大丈夫でしたか。 暑さに負けぬ 熱き心で !!

投稿: rommy | 2017年8月10日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「病者の祈り」:

« 『俳句の海へ 言葉の海へ』 | トップページ | 予告編 »