« 手術後のご報告  短歌 | トップページ | 「虫の声」 岐阜新聞 9月12日 朝刊より »

2017年9月10日 (日)

感謝

0002【聖書の言葉】

 人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる。

  マタイの福音書 4章4節


 9月6日に右目の白内障を手術。翌日の午前に眼帯がはずされるまでは、左目が活躍してくれました。

  二つの目をいただいていることのありがたさを改めて感じました。

  両眼を備え賜いし神様に 感謝献げつ読む聖書

  もう一つ、感謝を覚えたのは、お医者さんの存在です。眼内レンズは直径6ミリほどとのこと。 不器用な私には(犬小屋らしきものを作ることもできない能力・・・もし、作っても、犬はそれが犬小屋のつもりだとも思ってくれないほどの力量です)。 

 不器用な我にはできぬ精妙な手術施す医師ぞ眩しき

 優れた技術と情熱を備えたお医者さんが活躍してくださっていること、本当にありがたく思います。

 今日もよい日となりますように。 

 日曜日。キリスト教会では、神様に礼拝が献げられます。ぜひ、どうぞ。

  この後、左目の手術をしていただいて落ち着くまで、ブログを休載させていただきます。 温かいお励まし、お祈りを本当にありがとうございます。

|

« 手術後のご報告  短歌 | トップページ | 「虫の声」 岐阜新聞 9月12日 朝刊より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感謝:

« 手術後のご報告  短歌 | トップページ | 「虫の声」 岐阜新聞 9月12日 朝刊より »