« 「題名のない音楽会」 吹奏楽部が名曲演奏 | トップページ | 庭の新人  野ぼたん »

2017年9月 1日 (金)

『お菓子の包み紙』

0002
『お菓子の包み紙』

甲斐みのり  著

グラフィック社

2017年6月25日 

初版第1刷発行

  図書館の新着図書コーナーにあるのを家内が見つけ、貸し出し手続きを・・・ 係の方が「きれいな写真がいっぱいです」とおっしゃいました。

 懐かしいお菓子の包装紙などが満載で、本当にきれいな本です。

0013 右の写真は、資生堂パーラーのページです。

※ 写真の上でクリックしていただくと画像が少し大きく表示されるかと思います。 そうならない場合もあるかと思いますけれど。

 明治35年、日本初のソーダ水や、まだ珍しかったアイスクリームを製造販売する「ソーダファウンテン」として資生堂薬局内に誕生。

 昭和3年から「資生堂アイスクリームパーラー」としてレストランを開業し、本格的な西洋料理を開業。

 余談ですが、あの『愛染桂』にも資生堂パーラーはデイトの場面で登場しています。

0015 活躍した画家別のページもあり、写真は大正ロマンを代表する画家、竹久夢二さんのページです。

 懐かしく美しい世界が展開します。

 よろしければ、どこかでお出会いください。

 9月スタート。

 今日も、よい日となりますように。




|

« 「題名のない音楽会」 吹奏楽部が名曲演奏 | トップページ | 庭の新人  野ぼたん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『お菓子の包み紙』:

« 「題名のない音楽会」 吹奏楽部が名曲演奏 | トップページ | 庭の新人  野ぼたん »