« 病院ロビーでのコンサート | トップページ | 『角川短歌 9月号』 から »

2017年10月16日 (月)

頼もしい若者たち

 15日夜、テレビで「ホームラン新伝説 怪物球児ドラフト」というタイトルの番組を見ました。早稲田実業 清宮幸太郎選手・広陵 中村奨成選手・履正社 安田尚憲選手 の三人です。 高校時代の実績もすごいですが、抱いている抱負を堂々と語れることも素晴らしいですね。  世界で一番ホームランを打っている王選手・巨人で活躍してアメリカに渡り、大リーグでMVPを獲得した松井選手のようになりたい と明言するのは、本当に大器だと思います。

  卓球界、将棋界でも頼もしい若手の台頭が話題になっていますね。

 こうした若手が育った背景には、やはり、大人の構えがありました。

  育てた監督さんたちは、スポーツ根性論を振りかざすのではなく、「指導者の言いなりではなく、自立した人間として自分で考え、行動できる」ことをたいせつにしてきたと述べておられました。

 私たち大人も、若者に負けず堂々と胸を張って、一日一日を大切に歩んでまいりましょう。

  今日も、よい日となりますように。 

|

« 病院ロビーでのコンサート | トップページ | 『角川短歌 9月号』 から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頼もしい若者たち:

« 病院ロビーでのコンサート | トップページ | 『角川短歌 9月号』 から »