« 「いい生活よりも いい人生を」 | トップページ | 『なぜ、宮崎の小さな新聞が 世界中で読まれているのか』 »

2017年10月 5日 (木)

名月

 10月4日・・・新しくいただいた目で見る初めての名月、ひとしおの感慨がありました。

1507165949705  夕陽が沈む頃、月も姿を現しました。

  月が語り手となって展開するアンデルセンの『絵のない絵本』を思い出しました。

 0002_2

いただいたかわいらしいウサギのチョコレート

 名月の晩に味わわせていただきました。

 美味しかったです。ありがとうございます。

  月に誘われて、一句

  名月や 無名の人も 照らしつつ

 佳き夜でした。

 今日も、よい日となりますように。





|

« 「いい生活よりも いい人生を」 | トップページ | 『なぜ、宮崎の小さな新聞が 世界中で読まれているのか』 »

コメント

  4日夜遅くに木曽川にかかる橋を運転して帰宅しました時に、大きな三脚を立てたカメラマンが何人もおられました。本当に美しい月夜でしたね。心を奪われている時は句は浮かばないと聞きますが何も作れませんでした。
  >月の前充ちくるものを言ひ難し  (細見綾子)
という昭和17年の作にしみじみいたします。

※ ムーミンパパより
   コメント、ありがとうございます。 指揮者も、心は熱く、されど耳は冷静に と耳にしたことがあります。 細見綾子さん、「言ひ難し」と言いつつ、表現しておられること すてきですね。

投稿: ひかる | 2017年10月 5日 (木) 23時30分

盛岡も美しく、まぶしいほどに輝いていました。食べるのがもったいないようなかわいらしいチョコレート・・・と、思いきや、かわいいお顔は袋に書いてあったのですね!

※ ムーミンパパより
   コメント、ありがとうございます。 どれどれ・・・と確認。なるほど、ウサギさんの耳と足、そしてよく見ると顔も袋に印刷されているのですね。 そうか、このほうが小さい子も「食べちゃうとかわいそう」ということにもなりませんね。
 素晴らしい観察力 ・・・ 月の世界に帰って行くかぐや姫ももしかしたら、見えるかもしれませんね(^J^) 

投稿: rommy | 2017年10月 5日 (木) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名月:

« 「いい生活よりも いい人生を」 | トップページ | 『なぜ、宮崎の小さな新聞が 世界中で読まれているのか』 »