« 『湖底の城』 第八巻 | トップページ | 『ビブリオバトルへ、ようこそ!』 »

2017年12月 8日 (金)

『サンタクロースの部屋』 松岡享子

0003 
『サンタクロースの部屋』

 

- 子どもと本をめぐって ー

 

松岡 享子  著

 

こぐま社 1978年11月20日

 

      第1刷発行

 

 

 

 この本の冒頭、 はしがきにかえて にまず、魅力を感じました。

 

 ◇   □   ○  ※  ☆

 

 もう数年前のことになるが、アメリカのある児童文学評論誌に、つぎのような一文が掲載されていた。

 

「子どもたちは、遅かれ早かれ、サンタクロースが本当はだれかを知る。知ってしまえば、そのこと自体は他愛のないこととして片付けられてしまうだろう。しかし、幼い日に、心からサンタクロースの存在を信じることは、その人の中に、信じるという能力を養う。わたしたちは、サンタクロースその人の重要さのためでなく、サンタクロースが子どもの心に働きかけて生み出すこの能力のゆえに、サンタクロースをもっと大事にしなければいけない」

 

 というのが、その大要であった。この能力には、たしかキャパシティという言葉が使われていた。キャパシティは劇場の座席数などを示すときに使われる言葉で、収容能力を意味する。心の中に、ひとたびサンタクロースを住まわせた子は、心の中に、サンタクロースを収容する空間を作り上げている。サンタクロースその人は、いつかその子の心の外へ出て行ってしまうだろう。だがサンタクロースが占めていた心の空間は、その子の中に残る。この空間がある限り、人は成長に従って、サンタクロースに代わる新しい住人を、ここに迎え入れることができる。

   □   ◇   ○   ※  ☆

 今日も、よい日となりますように。

|

« 『湖底の城』 第八巻 | トップページ | 『ビブリオバトルへ、ようこそ!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『サンタクロースの部屋』 松岡享子:

« 『湖底の城』 第八巻 | トップページ | 『ビブリオバトルへ、ようこそ!』 »