« トムラウシ   カムイミンタラ | トップページ | タバコは 有害   »

2017年12月27日 (水)

一番 よい物を手に入れる

 聖書に天の国とはどんなところか をたとえで記している箇所がいくつかあります。

 その一つが、マタイによる福音書 13章45節 46節です。

13:45 また、天の御国は、良い真珠を捜している商人のようなものです。
13:46 すばらしい値うちの真珠を一つ見つけた者は、行って持ち物を全部売り払ってそれを買ってしまいます。

  最近まで、上記の箇所について、あまり考えたことはありませんでした。でも、一つ、こういうことだろうかと体験を通して思ったので、いたりませんが、書かせていただきます。

   ◇    □    ○   ※   ☆

0002 これは、私の一番新しいメガネです。

 9月に白内障の手術をしていただいて、しばらくは何種類もの目薬を点眼していました。 幸い、経過もよく、目薬の種類も、点眼の回数も減っていき、3か月を経過・・・眼内レンズを入れた目も落ち着いてきたということで、老眼鏡を目医者さんに処方していただきました。

 遠くは、夜空の星や高い山の風景などメガネがなくてもよく見えるようになったのです。読書や細かい文字の書類を見るのに用いる老眼鏡をつくっていただいたのですが、乱視にも対応し
左右の目の個性に対応した老眼鏡ですから、出来上がったときには、とても嬉しく、電話をいただいて、すぐにとんでいきました。 ← ことばの綾です。ドタドタ、たどたどと行きました。

 目が落ち着くまで、臨時で、百均の老眼鏡のお世話になっていたのですが、この老眼鏡を掛けてみると ・・・ それまで、どこかよそよそしかった文字たちが、まるで微笑みかけてくるようにフレンドリーな存在になりました。

  大切なパートナーですから、寝ながら、このメガネを掛けて本を読むのはやめ(朝起きたら、背中の下で潰れていたということにならないために) きちんとケースに収めて、「おやすみ」をいってから寝ようと思います。

 さて、手術を受けるまで使っていたメガネがいくつもありました。それなりのデザイン、それなりの値段のものもありました ・・・ でも、そのメガネたちとさようならするのに、何の躊躇も、未練も、迷いもありませんでした。

 そのとき、今日の最初に書かせていただいた聖書の箇所の意味が今までよりぐっと身近になってきたように思えたのです。

 新しい、このメガネがあれば好きな読書ができ、はずせば、手元以外の物、景観、道路状況がよく見える  ・・・ こうなったとき、今までのメガネに拘泥する意味はありません。

 新しいよく見える目・・・ せっかくいただいた目ですから、よいものを 美しい心を 今まで以上に 感謝しつつ見る日々を歩みたいと、強く願っています。

  あまり明るくないニュースに目をつむるということではなく、どうしたらより明るい未来になるかを見、そこへいたる道筋も見えるようになったら、最高ですよね。困難なことではありますけれど。

  今日も、よい日となりますように。

 

|

« トムラウシ   カムイミンタラ | トップページ | タバコは 有害   »

コメント

よいお話をありがとうございました

※ ムーミンパパより
  コメント、ありがとうございます。だんだんとメガネ・・・老眼鏡、馴染んできました。義父が、ご自分のメガネを磨きながら、「顔と同じだから、大切に手入れを」と教えてくださったことを懐かしく思い浮かべています。 次第に、周りの方にもこのメガネを掛けた顔に馴染んでいただけるでしょうか。ふだんは、メガネのない顔になったわけですけれど。

投稿: Kh | 2018年1月 4日 (木) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一番 よい物を手に入れる:

« トムラウシ   カムイミンタラ | トップページ | タバコは 有害   »