« ムーミン谷の住人たち | トップページ | 「こども本の森中之島 仮称」 安藤忠雄さん »

2017年12月20日 (水)

光と闇

 聖書 ヨハネの福音書の冒頭には、有名なことばがあります。

1:1 初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。
1:2 この方は、初めに神とともにおられた。
1:3 すべてのものは、この方によって造られた。造られたもので、この方によら ずにできたものは一つもない。
1:4 この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。
1:5 光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。

   ◇    □   ○   ※   ☆

 ムーミンパパのささやかな経験から書かせていただくことをおゆるしください。

 ある猛烈に雨が降る夜のこと、借りている駐車場に無事たどり着いたムーミンパパ ・・・ 自宅まで、あと少しの距離です。 エンジンをストップし、傘を開いて車から降りようとしたその瞬間 ・・・ な、なんと、車のキーの付いた円形のリングに傘の骨が引っかかって、しかもその骨が大きくしなって、びゅーんと車のキーは私から脱出していきました。  真っ暗闇  思いっきり勢いよくザーザー降り  ・・・ 途方に暮れました。 そうだ 💡 携帯電話の文字盤の灯りを頼ってみよう ・・・ 名案 と思いました ・・・ でも、全然、闇に歯が立ちませんでした・・・ 途方に暮れました ・・・ と、そのとき、携帯のどこかに指があたったのでしょう  携帯が光を発し、あたりがよく見えるように照らしてくれたのです・・・車のキーは、予想したより遙かに遠くまで飛んでいました。

  帰宅して、携帯のマニュアルを見ながら操作すること10分ほど・・・ついに、先ほどのような明るい灯りを付けることが出来ました。 でも、あの暗闇の中で、意図しなかったときに、救いの光がさしてきたことは  あまりにもタイミングがよく、充分な明るさだったので、忘れることが出来ません。

  思います。 あなたの笑顔、あなたのことばが、今日、それを必要とする人に、これ以上ない明るさとタイミングで、光となって届くかも知れません。

  今日も、よい日となりますように。

|

« ムーミン谷の住人たち | トップページ | 「こども本の森中之島 仮称」 安藤忠雄さん »

コメント

週2回、暗闇の中を帰宅し、小さな鍵を小さな鍵穴にさす時、必ずムーミンパパのこの話を思い出します。(細かく情況をきいたのは今が初めてですが 凄い!)感謝な出来事!!いつも守られて感謝ですね!
「闇は光に勝てなかった」こういった身に与えられた出来事をいつも忘れず 歩みたいです。

※ ムーミンパパより
  コメントありがとうございます。 明るいところで時間をかけてもなかなか出来ないことが、切羽詰まった状況の中で、まさに闇の中の光が照り輝くという体験、今思い出しても、不思議で、感謝です。
  

投稿: kei | 2017年12月20日 (水) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光と闇:

« ムーミン谷の住人たち | トップページ | 「こども本の森中之島 仮称」 安藤忠雄さん »