« 「下手の横好き」 と 「好きこそ ものの 上手なれ」 | トップページ | 会話のひとこと から »

2018年1月30日 (火)

雪が舞っても 晴れ晴れと

  29日、岐阜大学病院の皮膚科で、以前、メラノーマの心配のあった指の爪を診ていただきました。

□    ◇    ○   ※  ☆

  数か月前、メラノーマだったら・・・と私なりに心配をかかえていったのですが、じっとダメージを受けて紫色に変色した皮膚と爪を凝視した先生は、「これはー」と言いながら指先をごりごり← 私の指先です・・・、器具を用いてスクラッチ ・・・ 「あのー 痛いんですけれど」 「ああ、痛いでしょうね。もう少し」 ・・・ 指先の変色は、すっかりととれていました。

 「ドアにはさむなど、強い衝撃があったのでしょう。メラノーマの心配はありません。念のため、爪がこのあとどのようになるか、経過観察をして確認しましょう」

 重い気持ちは、跡形もなくなっていました。 「あのー」 お医者さん「なんでしょう」  「今までに天使のようだといわれたことはありませんか?」

「ありません。厳しい。こわい、と言われたことはあるかも」・・・・・・

 □    ◇    ○   ※  ☆

  そして、今日 ・・・ 「おお、きれいな爪が生えていますね。他の指の爪と見分けがつきません。ここまできれいな爪になるとは・・・よかったですね。メラノーマではないことが確認できました。今日で、卒業です。 何か気になることができたら、連絡してください」

  駐車場に車を止めてから、車に戻ってくるまで、15分ほどでした。

  皮膚科の診療を天下晴れて卒業できたことを、改めて、心から感謝いたしました。

  午後、ピアノを いつもよりしっかりと練習いたしました。このところ、必要があって、「乙女の祈り」を高校生時代以来になりますが、復習しています。

  どうみても、私が弾くとおじいさんの祈りになってしまいますけれど。あ、想像しないでくださいね(^J^)

  今日も、よい日となりますように。写真は、1月28日、礼拝を捧げる会堂を彩ってくれた花たちです。  ありがとうございました。 0008

 

 

|

« 「下手の横好き」 と 「好きこそ ものの 上手なれ」 | トップページ | 会話のひとこと から »

コメント

爪の再生おめでとうございます
大好きなピアノを弾き続けることができてよかったですね♪
こちらの長女は明日、学校で合奏のピアノ伴奏のオーディションです。
曲名は「木星」。なかなかリズム的に難しくかっこいい曲なので、本人はドキドキ ムーミンパパのようにピアノが好きになって嬉しいです

※ ムーミンパパより
  おお、連続のコメントありがとう。ホルストの「惑星」の中の木星に、平原綾香さんが詩を付けて歌ってデビューした曲でしょうか。 その曲のピアノ伴奏者を決めるオーディションが、二月の初日にあるのですね。 なかなか挑み甲斐がありますね。 頼もしい!! 落ち着いて臨んで練習して培った力が発揮できますように。  結果は、どうなるか分かりませんが、そうしたチャレンジの話を聞いて喜んでいます。 フレー フレー (^J^)

投稿: rommy | 2018年1月31日 (水) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪が舞っても 晴れ晴れと:

« 「下手の横好き」 と 「好きこそ ものの 上手なれ」 | トップページ | 会話のひとこと から »