« 「下手の横好き」 と 「好きこそ ものの 上手なれ」 | トップページ | 会話のひとこと から »

2018年1月30日 (火)

『君たちはどう生きるか』 原作 吉野源三郎 漫画 羽賀翔一

0010『君たちはどう生きるか』 

原作 吉野源三郎 漫画 羽賀翔一

マガジンハウス

2017年8月24日 第1版発行

2017年12月22日 第15版発行

 80年前に出版された本書が、漫画化されて発行され、95万部を突破しているそうです。

 ミリオンセラーといってよいでしょうね。

  漫画化と言いながら、文字のページも多いです。

  よろしければ、どこかで手に取っていただければと思います。

  未来を受け継いで歩む若い人たちへの真摯な願いを込めて書かれた文章に胸が熱くなるところが何カ所もありました。

  名作には、時を超えて、書き手の心を伝える力がある・・・改めてそう思いました。

  漫画化されていない新装版も同時に発売されたそうです。

  今日も、よい日となりますように。

|

« 「下手の横好き」 と 「好きこそ ものの 上手なれ」 | トップページ | 会話のひとこと から »

コメント

この表紙、よく目にします。長女にも読ませてみたいです。ムーミンパパのおすすめとあらば読んでくれるかな

※ ムーミンパパより
  コメントありがとう。とても真面目な本ですが、読みやすく心に入ってきます。
 「人間としてこの世に生きていることがどれだけ意味のあることなのか、それは君が本当に人間らしく生きてみて、その間にしっくりと胸に感じとらなければならないことで、はたからは、どんな偉い人をつれてきたって、とても教えこめるものじゃあない。 むろん昔から、こういうことについて、深い知恵のこもった言葉を残しておいてくれた、偉い哲学者や坊さんはたくさんある。今だって、本当の文学者、本当の思想家といえるほどの人は、みんな人知れず、こういう問題について、ずいぶん痛ましいくらいな苦労を積んでいる。そうして、その作品や論文の中に、それぞれの考えを注ぎ込んでいる。たとえ、坊さんのようにお説教をしていないにしても、書いてあることの底には、ちゃんとそういう知恵がひそめてあるんだ。」

 というような内容・文体です。 

 よろしかったら、どうぞ。 長女さんには、中学生になってからでもいいかな、と思います。それでは、また。

投稿: rommy | 2018年1月31日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『君たちはどう生きるか』 原作 吉野源三郎 漫画 羽賀翔一:

« 「下手の横好き」 と 「好きこそ ものの 上手なれ」 | トップページ | 会話のひとこと から »