« 「干し白菜のしょうが炒め] | トップページ | 料理 二品 »

2018年1月22日 (月)

礼拝堂の花

0002 2018年3回目の日曜日・・・礼拝堂には、こんな花が立てられていました。

 臘梅など数種類の花の美しいハーモニー ・・・ ありがとうございます。

 牧師先生が聖書からのメッセージを準備し、語ってくださいます。

  司会者は、礼拝に登場する聖書の箇所を朗読。前もって書いてきたお祈りを心を込めて祈ります。

  臘梅が香るすぐそばで読み上げられた最初の聖書の言葉は奇しくも「私たちはかぐわしいキリストの香りなのです」でした。

  讃美歌の伴奏は、弾き手によって、ピアノのときと、足踏み式のオルガンのときがあります。この日は、オルガンでした。

  清らかで明るい歌声で、礼拝を通じて四曲の讃美歌が歌われました。

  多くのかたが準備を整え、神様に真心・信仰を込めて礼拝をお捧げします。

  初めての方も、ご遠慮なく、おいでください。どの方も、最初の一回があって、次があるのです。

  今日も、よい日となりますように。

 

|

« 「干し白菜のしょうが炒め] | トップページ | 料理 二品 »

コメント

清らかな写真をお送り頂き、感謝。この日の礼拝は司会者であるムーミンママが登場する聖書ヶ所の朗読をされたのですが清らかな、ぬくもりのある美しい声に魂が引き込まれます。そして讃美歌伴奏は足ふみの歴史あるオルガンをムーミンパパが。
  2人がペアーの時は一味ちがうようで、心から喜びにひたらさせていただいています。
  礼拝後の満たされた気持ちで桐野池カフェのお茶のひと時・・・その日はいつも手話を担当されるM姉の指導の下で手話の学びが・・・素晴らしい教会にご縁を頂いている私はなんて幸せなんでしょう。

 ※ ムーミンパパより
  コメントありがとうございます。そして、この日の臘梅はじめ、すてきな花たちの良さを引き出す指揮者の役割を果たしてくださって、ありがとうございます。素材の準備にあたって、すてきなご友人もお力添えいただいたようで、本当に感謝いたします。  日曜ごとにこうした花々、そして人と人の心と持ち味のハーモニー、アンサンブルが奏でられる礼拝、かけがえのない時間ですね。 これからも、よろしくお願い申し上げます。

投稿: 夢希 | 2018年1月22日 (月) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 礼拝堂の花:

« 「干し白菜のしょうが炒め] | トップページ | 料理 二品 »