« 礼拝堂の花 | トップページ | 『言葉が輝くとき』 辻 邦生 »

2018年1月23日 (火)

料理 二品

 グルメ・クッキングに属する記事ですが、手がけたのが私ですので、グルメの域には達していないと思います。

0006 こちらは、五回目ほどの挑戦になるグラタンです。今回は、ポテトとオニオン、そしてカニかま・・・表面のパン粉がしっかりと焦げましたが、中身は、ほどよかったです。 ホワイトソースは、手作りの時と、市販のものを使うときというふうに試行錯誤の段階です。コーチを受けながら、だいたいは、自分で仕上げました。

  こちらは、挽き肉のカレー ・・・ タマネギArata
を切り、フライパンで炒めて、それを隅へ寄せておいて挽き肉をパッケージから出して、できるだけ形をくずさないで炒めます。肉の旨味を中へ封ずるためだそうです。  タマネギを泣きながら切り(コーチがきびしいからではありません)

 挽き肉を炒め、固形のカレーを入れて混ぜ合わせ ・・・盛り付けはコーチにお願いしました。

  どちらのメニューも、今までに登場したことがあるのですが、私の復習の意味もあって、お付き合いいただきました。 ありがとうございます。

  22日の午前中、月に一度の古民家カフェでの音楽タイム・・・プログラムに♪「氷雨」を入れたためか、22日午後の岐阜市は氷雨模様です。東京では、みぞれから雪になっていますね。

  大寒の時期、冬もなかなか意地を見せます。私たちも、負けずに健康を維持いたしましょう。

  今日も、よい日となりますように。

  四人いる孫の1人の誕生日です。おめでとう。身長が1メートル90センチ近いのかな、大きく成長しています(^J^)

|

« 礼拝堂の花 | トップページ | 『言葉が輝くとき』 辻 邦生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理 二品:

« 礼拝堂の花 | トップページ | 『言葉が輝くとき』 辻 邦生 »